白髪染めカラートリートメントのやり方から気になる疑問まで徹底解説

白髪染めのあれこれ

白髪染めコラム

白髪染めに失敗した時、明るい色で染め直したい時に色を抜く方法

更新日:

白髪染めした色を抜く方法を解説

「何歳になっても若々しく居たい」

「季節や気分に合わせて髪色を変えたい」

白髪染めの目的は人それぞれですよね。

得に女性は、何歳になってもお洒落を楽しみたいものです。

しかし、中には

「色選びに失敗してしまった!一度リセットしたい!」

「以前濃い色で染めてしまったけれど、もう少し明るい色で染め直したい」

とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

  • 思ったより黒く染まり過ぎて周りの目が気になる。
  • 着たい洋服と髪の色が合わない。

なんてことになってしまったら、なんとなく落ち着かないですよね。

そこで、白髪染めに失敗した時や、明るい色で染め直したい時に色を抜く方法について調べてみました。

ブリーチ剤で白髪染めの色を抜く

「髪の色を明るくしたい」と思った時に、ドラッグストアなどで売っているブリーチ剤を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

しかし結論から言うと、ブリーチ剤では白髪染めの染料を落とすことは出来ません。

そればかりか、染料とブリーチ剤の相性によっては思いもよらない色に変色してしまったり、

全く髪色に変化がなく、紙を痛めるだけの結果に終わってしまうこともあります。

白髪染めの色を抜きたい場合には、ブリーチ剤は使用しないようにしましょう。

脱染剤で白髪染めの色を抜く

「脱染剤」は白髪染めやカラーリングの色を落とすためのヘアケア用品です。

使い方は市販の白髪染め剤と同じように、髪に塗って少し時間を置き、洗い流すだけ。

ドラッグストアなどでは取り扱いが少ないようですが、ネット通販等で簡単にてに入ります。

美容室で白髪染めの色を抜く

「え~!?」という声が聞こえてきてしまいそうですが、

・できるだけ髪を痛めたくない。
・確実に自分の理想の髪色を手に入れたい。

という方は、プロにお願いしてしまうというのが一番簡単です。

普段美容室で白髪染めをしている方なら、行きつけの美容室で相談できればスムーズですね。

普段自宅で白髪染めを行っているという方は、白髪染めに力を入れているような美容室を探して相談してみましょう。

-白髪染めコラム

Copyright© 白髪染めのあれこれ , 2019 All Rights Reserved.