白髪染めカラートリートメントのやり方から気になる疑問まで徹底解説

白髪染めのあれこれ

白髪染めヘアカラートリートメントとヘアマニキュアって何が違うか解説

カラートリートメントとヘアマニュキュアの違いって分かりますか?

髪を染めるときにカラートリートメント、またはヘアマニュキュアを使用することがあるかもしれません。

髪の表面に色付けをするという点ではどちらも同じなため、違いに関してあまり意識することはないかもしれませんが、この2つはそれぞれに特徴があるため異なるものと言えます。

カラートリートメントとヘアマニュキュアの違いについて紹介します。

ヘアマニュキュアとは

ヘアマニュキュアは名前の通り髪用のマニュキュアです。
爪のマニュキュアをイメージすると分かりやすいかもしれませんが、爪のマニュキュアは浸透させないように表面に塗ります。
ヘアマニュキュアも同じように髪の表面に色を付けるだけなので、キューティクルにダメージを与えること無く、染めることができます。

カラートリートメントとは

カラートリートメントは植物性のものであり、トリートメントをしながら色を付けていきます。

ヘアマニュキュアと同じように髪の表面だけに色を付けることができますが、ヘアマニュキュアと違い地肌に色は付かないので、一度ではしっかり染めることができません。

そのため、何度もカラートリートメントを使用して色を付けていく必要があります。

カラートリートメントとヘアマニキュアの違い

白髪染のときにヘアマニュキュアかカラートリートメントを使用することがあるかもしれません。

白髪染のヘアマニュキュア

ヘアマニュキュアの場合は地肌に付かないように塗布する必要があり、シャンプーをするたびに徐々に色落ちしていきます。

色のバリエーションは豊富なため選択肢がありますし、地肌に付かないため頭皮が弱い人でも染めることができます。

ただ、頭皮に付かないように塗布する必要があるので時間がかかりますし、根元まで染めることも難しいです。

白髪染のカラートリートメント

カラートリートメントで白髪染をするならば、定期的なトリートメントで色落ちをキープさせることができます。

天然染料なので、頭皮が弱い人でも染めることができ、根元までしっかり染めることができます。

トリートメントなので、髪にハリやツヤなどに良い影響を与えることもできます。
ただ、一度に染めることができないので、最初何回も染める手間がかかります。

まとめ

髪を染めるときにどちらを使用するかは自分の髪質などを確認して選ぶことができます。

どちらもメリットとメリットがあるので、使い方として自分に合っている方を選ぶと髪をしっかり染めることがでると思います。

当サイトでオススメの白髪染め

ルプルプ(lplp)

ルプルプはジアミン系染料を使用しない無添加処方の白髪染め。
毎日のトリートメントでじっくり髪を補修しながら使いたいヘアカラートリートメント。
塗った瞬間から白髪染め。緊急時に最適な泡タイプのヘアマニキュア。
ライフスタイルに合わせて選べるラインナップで爆発的にヒットしているアイテムです。

Copyright© 白髪染めのあれこれ , 2018 All Rights Reserved.